岩盤浴で有名な玉川温泉の湯 セラミックボール その1

なぜ玉川温泉にこだわるのかしらん?

日本の温泉地の中の80%が、循環式を採用していると言われ、その中でラジウム・ラドンと名の付くほとんどの温泉では、モナザイト鉱石などを使用しています。

この鉱石から放出されるラドン 220番は、55秒で2分の1ずつ減少する為、10分間ではとんど消失してしまいます。

ラドンガスが吸入あるいは皮膚を通して体内に入り、血液に溶け込んでから細胞に到達するには10分間を要するといわれるので、人体への効果がほとんど期待できません。

ところが玉川温泉の北投石は、ラドン222番を放出しており、2分の1に減少するのに3.8日かかるので、全てが細胞に行き着くことが可能となり、各自の湯治目的にかなった、非常に高い効果が期待できるのです。

【玉川の湯】
世界屈指のラジウム温泉での湯治をご家庭で!【玉川の湯】【ビューティリタ】
■販売価格 102,900円(税込)材質 ケース/青森ヒバ(楡科)、
中身/玉川湯の花セラミックスボール、マイナスイオンセラミックスボール、
金網/ステンレス
サイズ(約) 18.5×15.5×高さ5cm
重量(約) 1kg
対応浴槽容量 1個で250リットル浴槽に対応
生産国 日本製








posted by mausic at 13:48 | 岩盤浴ホルミシスセラミック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。