台湾のホルミシス効果マンションで癌死亡率が通常の1/30に

台湾に1982年に完成した1700戸・1万人在住の大規模マンションがあります。建築後10年を経た1992年になって、マンション全体が高い放射線を放射していることが分かりました。原因は鉄筋に放射性物質(コバルト60)が混入していたためです。

世界各地の自然放射線量は72.9ミリシーベルト(/年)なのに対し、敷地内には500ミリシーベルト(/年)という高線量を示した部屋もありました。ところが、19年後にこの団地住居者の癌死亡率が他の居住区の人達に比べて極端に低い事がわかったのです。

「放射線はどんなに微量でも癌を発生させる」という今までの認識よると、癌による死亡人数は19年間の間に206人という推測がされていました。しかし、実際は約1/30のたった7人だったのです。

この事例は、国際放射線防護委員会の放射線に対する認識が、全く間違っている事が証明される事となりました。

ホルミシス温泉母岩
ホルミシス温泉母岩【ラムズ・マークス オンラインショップ】
posted by mausic at 10:29 | 岩盤浴ホルミシス効果

岩盤浴のホルミシス効果

岩盤浴の低線量放射線ホルミシス効果とはなんぞや?

ギリシャ語の「ホルモ(hormo)」、つまりホルモンと同じ語源を持つ、「ホルミシス(hormesis)」という言葉は、刺激するとか、促進するという意味があります。

発がんや遺伝的影響は、その発生する確率が放射線量と比例する直線関係であると考えて、ごく微量の放射線でも害があると考えています。

しかし、一方で低線量では刺激効果があり、身体が活性化する良い効果もあるのではないかという考えが出てきました。

特にラジウムは放射線物質で、質量が変化する事によりα線・β線・γ線の3つの放射線を放出します。

岩盤浴でこの放射線を少ない量で長時間浴び続ける事により得られる作用をホルミシス効果と呼びます。

アルファ線:エネルギーの高い放射線ですが、ほとんど透過力がなく、紙一枚で透過を防ぐことができます。

ベータ線:ラジウムが放射されてラドンに変化したものです。β線は負の電荷をもった原子のことで、天然のマイナスイオンといわれ、活性酸素除去の為に必要な原子です。癒しの効果があります。

ガンマ線: 電磁波で強い透過力を持っています。

-------------------------------------------------------------------------------------

◆温泉母岩のガンマ線線量当量及び電子線放出線量測定報告
※検出器:Si半導体検出器 検出日:平成17/8/10
確認者:環境浄化研究所代表 須郷高信

検体名       ガンマ線(μSv/Hr)    ベータ線(cpm)
温泉母岩      5.30ー5.50        1,880ー1,900
天然トルマリン石  0.04ー0.06        6ー11

以上結果から 天然トルマリンの数百から数千倍の低量放射線を放出している事が確認されました。これは低量放射線として身体に有効な値に非常に近い数値と言えます。しかも半永久的に同じ量の放射線を放出しつづけています。

ホルミシス温泉母岩【ラムズ・マークス オンラインショップ】
posted by mausic at 21:37 | 岩盤浴ホルミシス効果

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。